Mohd. Khaidir Bin Abu Talib 氏 学位論文公聴会の報告

2016年2月4日に博士課程のMohd. Khaidir Bin Abu Talibモハマド ハイデイル ビン アブ タリブ氏 の学位論文公聴会が開催されました。

論文題目:Effectiveness of Sugarcane Bagasse Ash (SCBA) Utilization in Peat Stabilization

      (サトウキビバガス灰 (SCBA)を活かした泥炭地盤の安定処理とその有効性の評価)

 

DSC00839DSC00837DSC00842DSC00848DSC00844

Vilayvong KHONESAVANH 氏  学位論文公聴会の報告

2016年2月4日に博士課程のVilayvong KHONESAVANH(コンサワン ビライボン) 氏 の学位論文公聴会が開催されました。

論文題目:Rainfall-Induced Erosion for Unsaturated Soils and Preventive Measures

        (降雨による不飽和土の侵食特性と適応策に関する研究)

DSC00823 DSC00824 DSC00832 DSC00833

学位論文公聴会の案内(MOHD KHAIDIR ABU TALIB 氏)(Vilayvong KHONESAVANH 氏)

学位論文公聴会を下記の通り行います。

 

・Vilayvong KHONESAVANH 氏 2016年2月4日(木)10時-11時30分

 公聴会案内(Vilayvong) 場所:九州大学伊都キャンパスWEST2号館318号室

 

・MOHD KHAIDIR ABU TALIB 氏 2016年2月4日(木)13時-14時30分

   公聴会案内(Khaidir) 場所:九州大学伊都キャンパスWEST2号館318号室

 

第7回 甘草に関するシンポジウム 終了の報告

2015年7月4日、九州大学伊都キャンパスにて開催された「第7回 甘草に関する
シンポジウム」は、無事に終了致しました。

北は北海道から南は鹿児島まで、総勢140名もの参加者の中で、日本全国の甘草
研究の最先端の討議、交流が行われました。

基調講演、一般公演、ポスターセッションの他に、「薬草と地域振興」という
テーマでの意見交換会も行われ、登壇者のみならず会場からも沢山の ご意見を
頂き、活発な意見交換がなされました。

今後、このシンポジウムを糧に、日本の薬草研究がより一層活発なものになるこ
とを祈念致しまして、完了の報告とさせて頂きます。

第7回甘草に関するシンポジウムHP:http://www7.civil.kyushu-u.ac.jp/geotech/2015kanzo/link.html

第7回 甘草に関するシンポジウム (2015年7月4日開催) のおしらせ

第7回 甘草に関するシンポジウム を九州大学 伊都キャンパスにて開催します。

詳しくは⇒ http://www7.civil.kyushu-u.ac.jp/geotech/2015kanzo/link.html をご覧ください。