アデルさんとオクリさん、永田君が「地盤工学会九州支部 70 周年記念 地盤防災減災に関する技術フォーラム―アジアの地盤災害軽減を目指して―」に参加されました。

2019年11月13日(水)から14日(木)の間、熊本県で開催された「地盤工学会九州支部 70 周年記念 地盤防災減災に関する技術フォーラム―アジアの地盤災害軽減を目指して―」に学術研究員のアデルさんとD3のオクリさん、M1の永田君が論文投稿・研究発表を行いました。

また、今年の秋に卒業されたヨガさんは、論文のみ投稿されました。

 

以下にその氏名と題目を示します。

Adel ALOWAISY:Discrepancies associated with adopting remolded samples when determining the retention characteristics of natural soil profiles

Yoga Purnama:Evaluation of Failure Pattern on Pre-Bored Pile Foundation System Due to Lateral Cyclic Loading Using Particle Image Velocimetry (PIV) Method in Sandy Ground

永田 真也:Evaluation of crushed Granulated Blast Furnace Slag – sand mixtures liquefaction characteristics under unified compaction energy

Okri Asfino Putra:Development of new suction controlled direct shear box apparatus for unsaturated soil

Adel Alowaisy:Validation of the direct measurement of soil water characteristic curve using the newly developed continuous pressurization method

 

みなさんお疲れ様でした。今後のご活躍を期待してます。

 

なお、本学会の詳細については以下のアドレスをご確認ください。

発表プログラム:https://jgskyushu.jp/xoops/uploads/70ANNIV/lastprogram.pdf

地盤工学会九州支部70周年:https://jgskyushu.jp/xoops/modules/70ANNIV/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です